【新卒】不安に感じるあなたへ送る!社会を生き抜く3つのスキル

未分類

新社会人としてこれから新生活がスタートするけど、不安だと感じるあなたへ

最低限これさえあれば、なんとかなる!そんなスキル3つのご紹介

  1. コミュニケーションスキルは不可欠
  2. 苦手なことがわかったら早めに修正
  3. 質問するスキル

私自身は、コミュニケーションを取るのは苦手なタイプですが、今では、最低限の技術(上記4つのスキル)でなんとか補えていると思います、、、、多分

新生活を送るあなたへ、少しでも助けになればと思います。

1. コミュニケーションスキルは不可欠

コミュニケーションを取ることは仕事をする上では避けて通れません。そのためこのスキルを身につけておくことは、どこに行ってもどんな仕事をするにしても一番重要だと思います。

相手の考えていることを正しく理解して、自分の意見や考えていることを正しく伝えて、お互いに理解することがベストなコミュニケーションだと言えますが、いきなり年代も考え方も違う周囲の人たちと良いコミュニケーションを取るのは難しいですよね。どのようにコミュニケーションを取ればいいか、3つに分けてまとめてみました。

正直このスキルがあると多少未熟だろうが、失敗をしようが許されます。それだけ社会人生活を送る上であって損のないスキルと考えています。

相手の考えていることを正しく理解するとは?

相手の考えていることは相手にしかわかりません。まずはこちらがじっくりと話を聞いてあげることがポイントです。

その時、「それは違うのではないか?」というようなことは言わず、話しやすいように頷いたり、「なるほど」と共感することが大事です。

必要ならメモを取り後で、まとめて質問する等は、あなたの話を聞いてますよというメッセージを相手に送れて、良い印象を残せるでしょう。

自分の意見や考えていることを正しく伝えるとは?

伝える時に有効なのが書くことです。時間をかけていい状況なら伝えたい内容をまとめてみる、時間がなければ簡単な箇条書きにしてみる。できたものを重要と思うものから順番に相手に伝えてみましょう。

まとめてあると話す内容は書き出せてまとまっていますので、心に少し余裕が生まれます。(自分も時間がかかりましたが)余裕が生まれれば、相手の反応をみながら伝えることができます。説明していてうまく伝わっていないと感じたら、「この説明でわかりますか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

お互いに理解するとは?

仕事に対する認識を共有することが重要です。チームでまとまって仕事をする時は必ず決まり事があるはずです。誰に聞いても同じ答えが返ってくるように、認識を統一できていると仕事もスムーズに行え質問もそれを知った上での質問になるので精度が高いものとなります。

その上で、〇〇さんはこんな意見を持っている、△△さんは反対意見を出す可能性がある等がわかってくると理解が高まったと言えるでしょう。

2. 苦手なことがわかったら早めに修正するスキル

どこでつまづいたり、ミスしたのか分析する

つまづいたところ、ミスしたところはおそらくこの後も何度かつまづくことと思います。自分も経験がありますし、またミスをしてしまったと自信を無くしたり、不安になってしまいます。

このスキルで重要なのはメモに残して後で見返すのが有効です。ノートに手書き、PC内でのメモどちらでもいいですが、PCが使える環境なら、PC内のメモ帳がオススメです。

理由は、タイトルと内容を綺麗にまとめれば、振り返る時に早く答えにたどり着けるからです。(自分が字が下手なのもありますが、あとでコピペしたり行を追加して変更も容易です。)

分析できたら、その後の対応策を

メモに残しただけでは修正しきれません!次のステップは、振り返り自分の中に落としこむ必要があります。

オススメは、残してあるメモから苦手部分の自作マニュアルを作成することです。誰が見てもこのマニュアルさえ見れば、つまづき、ミスなくタスクを完了できるものに仕上げましょう!修正をすると頭の中も整理されます。

そこまでできればあとはマニュアルを見ながら仕事をするだけです。書き出し、まとめて、マニュアル化するのは、一見すると回り道のようですが、有効な技術で自分もかなり助けられました。結果として、マニュアルを作った業務に関しては誰も真似できないくらい早く完遂することができるようになりました。

3. 質問するスキル

コミュニケーションの部分にも関わってくる内容ですがあえて取り上げたのは、質問するにも段階を踏む必要があると言うことです。

なんでも質問できる環境であれば問題ないですが、きちんと整理して質問することでしっかりと考えてから質問していることや、自分で考えた結果わからなくて質問しているんだと相手にアピールできることがあります。

わからないことが何なのかまとめる

仕事をしているとわからないことがたくさん出てきます。ちょっとした簡単な手作業から、ネットで調べればわかりそうなこと等様々です。

簡単な手作業であれば即質問するのが早いですがネットを使える環境であればまずは調べてみることをオススメします。調べた結果わかることも出てきて質問の精度が上がることもあれば、そのまま解決することもあります。

質問の仕方に気をつけて聞いてみる

調べた結果わからなければ質問するとなりますが、その際に気をつけたいのが相手が忙しいかどうか、自分が何を調べた結果わからなかったのかを報告すると言うことです。

相手が忙しいかどうかは、観察するか通知機能があるメール等で確認するのが良いでしょう。メールや文章を送る際は、お手隙の際にお教えくださいと言う一文を乗せることで相手の仕事を邪魔せずスムーズなやりとりができると思います。

文章で質問することもできますが、話をした方が早い、正しく伝わると思った時はその旨を伝えましょう。〇〇について質問があります。△△を調べたのですが、わからなかったので質問していること、どこを参照すれば良いのか、聞いてみるのがいいと思います。

まとめ

以上、新生活を生き抜く上で、不可欠はスキル3つのご紹介でした。

どれも重要ですし、すで全てを完璧にに身につけている新社会人はいません。少しづつでも意識しながら身につけていければ良いのではと思います。

新しい出会い、環境を大切に、見てくれている人が1日でも早く環境に慣れる手助けになれば幸いです。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。